« たいうときどきにふる | トップページ | Like !_001 »

2011-08-15

ひぐらしなく

暦の上では立秋、まだまだ暑いので涼しい pic を。2008年にノアの方舟と題し記事を掲載。ノアの洪水の日である2月17日から数日後2008年2月26日、ノルウェー領スヴァーバル諸島のピッツベルゲン島に、ビル・ゲイツ主導のもと、スヴァールバル世界種子貯蔵庫(Svalbard Global Seed Vault)が操業を開始。 世界が絶滅の危機に瀕した際...この先の気候変動や自然災害、植物の病気の万延、核戦争に備え農作物の種の絶滅を防ぐためという壮大なる素晴らしい目的。地下貯蔵庫は温度をマイナス18~20℃に保ち、最大300万種の種子保存が可能。万が一に冷却装置が失われた場合でも、永久凍土によりマイナス4℃を維持する環境に置かれている。地球温暖化で海面上昇が起った場合も想定し、貯蔵庫は海抜役130m の岩盤内部約120m の地点に設けられている。何度も聴いて耳に残る想定外、未曾有の災害を乗り越えるためのまさに現代版ノアの方舟。
2008年発明ベスト50の6位としてタイム誌はランク付けしている。
2010年その保存種子は50万種に達しており、目標は450万種。1品種平均し500粒を保存。発芽率維持のため20年毎に種子の入替えをする。ki 抜粋
そしてまたも思うことは...人類なくとも種子だけ残ったりして。。。
http://www.regjeringen.no/en/dep/lmd/campain/svalbard-global-seed-vault.html?id=462220
立秋 第三十八候 寒蟬鳴 (ひぐらしなく) 8月13日〜17日頃

Svalbard_01

Svalbard

 

|

« たいうときどきにふる | トップページ | Like !_001 »

diary」カテゴリの記事